ポートレート - ローラン・フレネがメゾン マムの最高醸造責任者に就任

ローラン・フレネがメゾン マムの最高醸造責任者に就任

2020年1月より、『メゾン マム』の新しい最高醸造責任者に、ローラン・フレネが就任いたしました。

1827年創業以来、老舗の名に甘んじることなく常に新しいことにチャレンジし続けている『メゾン マム』は、卓越した技術とノウハウ、また世代を超えて受け継がれている独自のスタイルを守るために最も適した醸造責任者と巡りあいました。

 

 

ローラン・フレネ プロフィール

モンターニュ・ド・ランス出身。代々ワイン造りを行っている家系で育つ。
ランス大学でワイン学、生物学や生化学を学び、フランスや海外でワイン醸造技術者として勤めたのち、2006年にシャンパーニュ「メゾン・アンリオ」の最高醸造責任者に就任。
ワイン醸造に関するノウハウとシャンパーニュテロワールの知識、また品質への強いこだわりを持って、メゾンの発展に大いに貢献。2020年1月、メゾン マムの最高醸造責任者に就任。

 
 
 
loading